> 文書資料室TOP> 活動記録> 活動記録2016 

2016年(平成28年)


2016/07/06

長岡市史双書を読む会(1)を開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 文書資料室

7月6日(水)、長岡市史双書を読む会(1)「江戸時代の旅と旅日記 「奥羽行」の由来と長岡藩士長沢家」を開催しました。会場は中央図書館講堂、当室の田中洋史室長が講師をつとめました。

テキストは、長岡市史双書最新刊No.55『江戸時代の旅と旅日記(3)東北への旅②』です。「奥羽行」は、長岡藩士の長沢茂好と植田勝応の東北地方探索日記です。

この日は長沢・植田両名の人物像や、旅の目的、行程、時代背景などを中心に学び、最後に「奥羽行」の「惣目録」部分を読み上げました。

参加された75名の皆さま、旅への期待は高まったでしょうか。次回から、いよいよ本文に入っていきます。

  

17:00