> 文書資料室TOP> 活動記録> 活動記録2017 

2017年(平成29年)


2017/10/28

「震災復興と図書館のアーカイブ機能」をテーマにシンポジウムを開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by 文書資料室
10月28日(土)、長岡市災害復興文庫展2017の記念シンポジウム「あつめる・整理する・つたえる~震災復興と図書館のアーカイブ機能~」を開催しました。市立図書館開館100周年プレイベントの第1弾です。
講師は、阪神・淡路大震災後に神戸大学附属図書館で「震災文庫」を立ち上げた稲葉洋子氏(帝塚山大学非常勤講師)、熊本地震の震災資料収集に取り組む河瀬裕子氏(くまもと森都心プラザ図書館長)です。
シンポジウムには、長岡市資料整理ボランティアをはじめとする一般市民、県内外の図書館関係者など60人の参加があり、震災復興の経験・教訓を未来へ伝えていく、図書館のアーカイブ機能の可能性を、神戸、熊本、長岡の事例から探りました。

 
14:00