職員のつぶやき
2020/12/11

書庫の話Vol.2

| by 図書館管理者

こんにちは。
アールです。

前回に引き続き書庫の話といきたいところですが、その前に書庫に納める歴史資料の種類についてお話しします。
文書資料室で保管する歴史資料は約22万点!
このうち、大多数を占めるのは大きく2種類あります。

1つ目は、「古文書等」。
郷土長岡の歴史を後世に伝えるため、主に市民の皆さんから寄付していただいた古文書や写真・刊行物、
お預かりしているものなど・・・これらをまとめて私たち職員は、「古文書等」と呼んでいます。



「古文書等」。職員が一点一点、丁寧にクリーニングし
大切に保管。


2つ目は、「歴史公文書」。
長岡市の職員が仕事で作成、取得した文書、図面、写真などは一般的に「公文書」と呼ばれており、
その種類により保存期間が決められています。保存期間が過ぎた公文書は廃棄されますが、そのなか
から、郷土長岡の歴史を知るうえで重要と思われるものを選び、文書資料室で保管しています。毎年膨大な量となります。




「歴史公文書」。公文書についているホチキスやクリップ
などの金物は錆びて資料を傷めるので綺麗に取り外す。
この作業にものすごい手間と時間がかかる・・・


長くなりましたので、今回はここまでにします。
次回こそ、本題「書庫の話」に入りたいと思います。

(次回に続く)


17:30
2020/11/06

書庫の話

| by 図書館管理者

 こんにちは。
 アールです。

 今回のお題は、貴重な歴史資料の保管についてです。

 日々、郷土長岡の歴史を調査するべく、多くの方が文書資料室を訪れます。
 なので、お客様が閲覧する長岡の歴史資料は、文書資料室の大事な商売道具です。
 現在、文書資料室にはざっくり22万点の資料があります。22万点、膨大な量です。

 異動してまもない頃、上司から文書資料室の概要について説明を受けました。

 上 司「文書資料室には古文書などの資料が約22万点あるんだけど、それっ」

 アール「ちょ、ちょっと待ってください。22万点ってさらっといってますが、
    膨大な量の資料がどこにあるんですか!」


 互尊文庫の一部をお借りして入居している文書資料室。
 2階、3階にそれぞれ書庫スペースがありますが、とてもとても22万点が納まりきれるスペースがあるとは思えません。

 
  2階書庫 箱の中には整理された古文書          3階書庫 新潟県内に関する記事を切り取り
       などの貴重な資料を保管            新聞社毎に冊子にまとめて保管

 上 司「当然、互尊文庫だけで納まる量じゃないよね・・・」

 納まりきらない資料はどこにあるのか?
 長くなりましたので、今回はここまでにします。

 (次回に続く)




17:30
2020/10/29

「職員のつぶやき」はじめました。

| by 図書館管理者

はじめて投稿します。
アールです。

「職員のつぶやき」ページを立ち上げました。

ここでは、特にテーマを設けずに文書資料室の職員が日々感じていることを自由につぶやきます。
更新も不定期、ルールも設けません。
このページがどのように成長(衰退?)していくのか。
みなさん、末永くよろしくお願いします。

私は昨年度4月から文書資料室で働き始めました。
今年で2年目になりますが、異動してきたばかりの頃は、
「あれ?」と思うことも多かったものです。

これから何回かに分けて、フレッシュだったあの頃感じた疑問、
「あれ?どうなってるの?」と思ったことをつぶやきます。

(次回に続く)

17:30

長岡市立中央図書館文書資料室

〒940-0065  新潟県長岡市坂之上町3-1-20(互尊文庫2階)
TEL:0258-36-7832  FAX:0258-37-3754  Mail:monjo@lib.city.nagaoka.niigata.jp